パワースポット?安禅寺の「稲荷神社」

今回は秘話の第一回目、パワースポット???として写真が載っている安禅寺の裏手にある「稲荷神社」にまつわるお話です。

 安禅寺は、室町時代に砦の記録があるほど古くからの城門の地にあって、江戸時代には江戸幕府の肩入れもあって、「蔵王権現」という神仏混合の修行道場として栄えていました。それが明治初期に起こった廃仏希釈のなか、神道としての金峯神社は国家的保護もあって引き続き栄えていたのですが、仏教の安禅寺は守る檀家が一軒もなく廃寺状態になってしまいました。その後、個人で復興に全生涯を掛けた人物が出たりして、何とか今現在に細々ながら存続できています。

長岡城にまつわる白狐の伝説

  そんな安禅寺のお御堂の真後ろに隠れるように、今でも維持と言いますか存立(かなりよたっている感じ)のが稲荷神社です。蔵王(ざおう)とは蛇王(じゃおう)の変名ですから、キツネでなく蛇を祀るのが本筋かと思うのですが・・・お稲荷様です。どうも秘密は、白狐伝説が蔵王権現に深く関わっていることにあるようです。

 その白狐とは、ある雪の降った朝早く、長岡城築城の命を受けた役人(家臣)の前に白狐。その白狐はぴょんぴょんと平原を跳ねまわった跡が「見事、長岡城の縄張りの大元になった」という伝説です。

もちろん伝説にすぎませんが、白狐とは「白く透き通る、妖艶さを感じさせる美女を象徴して」のことでしょう。その長岡城築城にまつわり白狐に象徴される美女二人。その名は「妙泉院」と「妙徳院」、妙徳院は築城が進む頃には江戸にいたので、今回の秘話は「妙泉院」です。この女性、牧野氏が長岡に入る前の城主、堀直竒(銅像の写真が載っています)の“育ての母”と言われ、今でも長岡の正覚寺に画像があります。

 この妙泉院こそが、堀直竒が城主(長岡城でなく蔵王城です)であった時はもちろん、その後別の城主(牧野家のみでない)の時も献身的な働きをした築城の立役者なのです。城普請の労役は一向門徒(今の浄土真宗門徒)の男女を陣頭指揮し、資金手当てにも奔走しました。その思いはただ一つ「長岡に一向宗の楽園を築きたい」というものでした。

そんないわれがあるところなのに、今は訪れる参拝者も観光客もまばら、安善寺もこのお稲荷様も痛みが目立ちます。でも三千坪のお城の縄張りの白狐の稲荷神社、そこに率先かつ相当な寄進となれば、これまで深く潜行していた「お稲荷様の霊力を貰える」かも???よ。

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    The-Oh (日曜日, 13 9月 2015 01:02)

    その昔 蔵王権現社の鎮守稲荷は、「別当 安禅寺」現 天台宗の前は真言宗でしたので豊川稲荷(妙厳寺)と同じように、仏教の女神「荼呮尼天(だきにてん)」を鎮守としていたのではないか。荼呮尼天の姿は、白狐の背にのり、稲穂をかついで宝珠を持ち、岩の上を飛ぶ天女の形である。長岡城築城時に現れた白狐は、戦国時代に、各地の武将が城鎮守稲荷として荼呮尼天を祀るように、蔵王堂城主 堀直竒公の築城の手助けに姿を現しのでは。なお蔵王稲荷は、明治政府の神仏分離令以降、神道の「稲荷神社」となったと思われます。
    「長岡開府の地」でもある蔵王堂城跡・毘沙門堂 内陣の貴重な尊像の数々を、より多くの人から知ってもらいたいですね。






  • #2

    管理人 (土曜日, 26 9月 2015 08:18)

    The-Oh様、コメントありがとうございます!
    サイト管理人です。
    なるほど参考になります。
    より多くの人に知ってもらえるように今後も情報発信していきたいと思います。
    今後ともよろしくお願いいたします。